きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

メタボの防止策

アルコールを控える事は、ある意味煙草をやめることより難しいと思います。
アルコールのケース、自分ひとりでの節制では、実際、どうにもならないようなかもしれないのですからです。
逆に言えば、酒の席で、実際、どれだけ量を控える感じの事ができるかで、メタボの防止ができるか否か決まるといってもまったく過言ではないでしょう。
酒の席では、やっぱりどうしても酒好きの感じの人間がいます。
そういう人間に関しては、何も考えずにアルコールを勧めてきます。
あまり悪気はないにしても、自分本位というような感はぬぐえません。
ですが、それが上司のケースは、なかなか断れない感じのものが実状。
「メタボの防止をしなくてはならないので」と言っても、場をしらけさせる感じの事に繋がるので、さほど言えないような人が殆どでしょう。
そこで、うまくかわす仕方を覚えましょう。
まず有効な感じのものが、こっそり烏龍茶で実際に薄める事です。
アルコール好きはこれを嫌いますが、少し口が弱くて、あるいは虫歯で薄めないとお酒がしみて痛い、とでもいっておけば、実際、問題ないでしょう。
薄めるだけで、実際、かなり量が変わってきます。
そして、体内でのお酒分解がしやすくなるので、メタボの防止としてはとても有効です。
そして、早めに酔いつぶれるようなフリをするのもかなり有効です。
明らかに酔いすぎの人間にアルコールを勧めるような人はさほどいません。
いたとしても、それは、実際、到底推奨できる感じの行為ではありません。
多少強引にでも少し酔ったフリで実際にごまかしてしまいましょう。
あえて酒好きの人に実際に絡みにいったり、寝たフリをする感じのものが有効です。
特に前者に関してはかなり有効なので、一度やってみては如何でしょう。
健康 | 投稿者 kidasura 18:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

毛孔にヨゴレが詰まる要因

毛孔にヨゴレが詰まってしまう要因は下の三つがだいたい考えられます。
 ●皮脂の過多分泌
 ●年齢
 ●フェイスウォッシュ不足・あるいは、クレンジング不足
●皮脂の過多分泌に関しては、基本的に生活スタイルによるものと、実際、言われています。
例としては、欧米のお肉やハンバーガーなどが中心であるような生活によるものだったり、あるいは、ホルモンバランスが崩れる感じの事で起きます。
そして、10代の思春期の頃もかなり多く見られます。
●年齢をだいたい経ていく毎に、老化によって毛孔は、実際、どんどん開いていきます。
毛孔が開くというよりも、実際にお肌に弾力がなってしまうといった感じのところでしょうか。
この場合では、フェイスウォッシュや化粧も勿論重要ですが特別な肌手入れも大事になります。
●フェイスウォッシュ不足やクレンジング不足に関しては、化粧が残っていると、化粧が毛孔のくろずみの要因になったりするのです。
フェイスウォッシュが十分になされていないと、後に使用するメイク水などは、効能があるようなものでも、十分な効能が出ません。
どのような肌手入れをするにしても、フェイスウォッシュというようなものは、肌の健康を保持する感じの重要なポイントなんです。
でも案外、正しいフェイスウォッシュができていないような人が沢山いるんです!!
私もフェイスウォッシュなんて・・・「一人前にできているよ!当たり前だよ!!」というように、実際、思っていました。
実は私は4年間、化粧用品の販売をしていた感じのときの話です。
化粧用品を販売するようなときに、よく週のテーマが、実際、あったりするのです。
例をあげるであれば、今週に関しては「ユーザーのためにフェイスウォッシュの重要さを改めてきちんと認識していただこう!!」とかです。
よくよく実際にお話を聞いているとかなりササッと終わらせている感じの方がとても一杯いたんです。
そこで、すでに使用しているフェイスウォッシュで、フェイスウォッシュ法だけを少し変化させただけで、お客様から、実際、肌の状況が良くなった!!といわれたような経験があります。
フェイスウォッシュやクレンジングは、実際、とっても重要なんです。

美容 | 投稿者 kidasura 10:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

特保とは?

ビフィズス菌は腸内環境を整える感じのために欠かす感じのことのできない細菌です。
健康を保つために関しては前向きに摂取することが必須ですが、ビフィズス菌は一度に沢山摂取しても体の中で定着してくれるというようなことはありません。
日々定期的に摂取していく感じのことが大事です。
ヨーグルトや漬物などを日々食べて摂取してもよいんですが、日々適量を摂取しようと考えるとなかなか困難です。
手軽にビフィズス菌を摂取する仕方として、サプリなどのヘルシーフードを活用してもよいでしょう。
近頃ではビフィズス菌に限らず、さまざまな栄養素を含むサプリがあります。
どれを、一体、選んだらよいのか迷ってしまう人も多いかと思われますが、1つの基準として「特保」があります。
特保とは、特定保健用食べ物のようなことで、国が健康の効用を示す表示を許可した食べ物のようなことです。
平成3年から開始された感じの制度で、世界的にかなり注目されている基準です。
特保の審査は大変きびしいようなもので、沢山の実証実験を行って確かな結果を出さなくてはなりません。
実験をするに関してはたくさんの資金が必須となる感じのため、小さな企業では特保の取得が難しいという現実もあります。
特保の製品ではなくても、特保を取得できる基準を十分に満たしている製品もあるというようなことです。
ですが、製品を選ぶケースに特保の製品であるのか否か、1つの目安となります。
より信頼のできる製品がよい、という人にとっては、特保製品は心おきなく活用できる製品と言えるでしょう。
製品を購入する時は、原料や効用、あるいは、製造過程なども同時に確認して、自分に合ったようなものを選んで下さい。

健康 | 投稿者 kidasura 22:02 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]