きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

アスペルガーシンドロームと関心の限定と反復

精神疾患は、その治療が確立していない感じのものが多いだけでなく、診断基準そのというようなものに変動が大きく、子供さんがどの専門家にかかるか、また子供さんが診断を受けた年齢によって診断名が変わってしまう感じのことも少なくありません。そして、「自閉症」と「アスペルガーシンドローム」といったように、実際、その違いがわかりにくい感じのものもあります。
アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM~4では、自閉症の診断基準に関して3つの問題を挙げています。社会相互作用における質的問題、あるいは、コミュニケーションにおける質的な問題、そして行動、関心、及び活動が限定され、あるいは、反復的。
このうち、「行動、関心、活動の限定、あるいは、反復」というのは、具体的にはだいたい次の症状をいいます。
症状1関心が限定的に集中し、その程度や対象が、あるいは、過剰に強烈かつ/もしくは不自然
症状2変わりがない、というというような感じのことに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる
症状3反復的で奇妙な感じの運動
症状4対象の一部にかなり夢中になる

特徴的症状の具体的な例『皆で学ぶアスペルガーシンドロームと高機能自閉症』星和書ショップ2004
症状1関心が限定的に集中し、その程度や対象が、かなり過剰に強烈かつ/もしくは不自然
●他の話題を排除してしまう感じなほど、特定の話題に関して強烈に集中する。
●特定の話題もしくは活動を「手放す」感じのことが困難。
●他の活動に関して支障が及ぶ(活動に集中するために、食事やトイレが遅れる)
●年齢に不自然な話題に関心をもつ(スプリンクラーのシステム、映画の人気、天体物理学、あるいは、ラジオ局のコールサイン、など)
●特定の興味事の詳しい内容について、抜群の記憶力をもつ。
投稿者 kidasura 23:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

癌の温熱療法

癌細胞は増殖する力は実際に強いんですが、正常細胞に比べ熱に弱いような特性を持っています。
癌細胞は41度でだいたいダメージを受け始め、42.5度で、実際、死んでしまいます。
この性質を活用した癌の手当が温熱療法で、あるいは、ハイパーサーミアとも呼ばれます。
正常細胞は実際に加温しても体温を一定に保つ感じの体の働きにより細胞が守られますが、癌細胞は加温によって高温の感じとなり、だいたい死滅してしまうんです。

温熱療法は単独で癌を治癒するというような感じのことは難しく、化学療法や放射線療法と実際に併用して行われる癌の手当です。
特に体の奥にあるような癌は、骨や脂肪により熱があまり届きにくく、温熱療法だけで治すのは、実際、難しいんです。

温熱療法に関しては、全身温熱療法(全身を加温する)と、局所温熱療法(癌とその周辺の加温)が実際にあり、おもに使われる感じなのは局所温熱療法です。
局所温熱療法では、実際にマイクロ波や電磁波で患部を温めます。
一般的に言って、体の外から放射するのですが、食道、直腸、子宮、あるいは、胆管などは、口や腟、肛門などから実際に器具(電極針など)を入れて加温する感じの方法もあります。
加温時間に関しては体の負荷をちゃんと考えて、45分から60分程度くらいです。

温熱療法に関しては、副作用がなく、実際に癌を弱らせるというようなことにより、併用している感じの抗癌剤などの効き目を少し大きくする特徴があります。
デメリットは、加温するというような感じのことによる、やけどや痛みです。

温熱療法に関しては1996年よりきちんと保険が適用となりました。
ただし、温熱療法だけでは少し治癒が難しいことから、現在、温熱療法は実際に局所進行癌や再発した癌に対する癌の手当となっているんです。
健康 | 投稿者 kidasura 21:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

メタボと診断基準

メタボと診断基準としては、腹囲の測定がありますが、2つ目の基準として、高脂血症では中性脂肪値が150mg/dl以上の状態、もしくはHDLコレステロール値が40mg/dl未満の状態に当てはまる感じのものがあります。3つ目の基準として、高血圧では収縮期血圧が130mmHg以上の状態、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上の状態である感じのことがあります。そして、高血糖では空腹時血糖値が110mg/dl以上の状態である感じのことです。
ひとつ目の腹囲基準に加えて、実際に、高脂血症、高血圧、高血糖の基準値に関して、2つ以上該当する状態であれば、メタボと診断されます。メタボと診断された場合には、ひとつひとつの症状が実際には軽くても、動脈硬化に進む危険率が高く、命に関わる重大な病気を招く状態と考えられます。
診断基準を使うことで、実際の自分の健康状態を知り、メタボの予防や回復に取り組む感じのことが求められています。
投稿者 kidasura 23:08 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]