きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

化学療治方法

癌の療治に関しては、オペ、化学療治方法、放射線療治方法などがあります。
癌の療治は、どうしてもオペ療治方法が中心となりますが、オペが患者さんの体や精神に大きな負荷をかけます。
患者さんの年や合併症、あるいは、生活の質(クオリティ・ライフ)を考えると、すべてがオペが最善の、唯一の療治方法とはいえないケースもあります。
そして、初期兆候がないまま癌が悪化し、全身に広がってしまったケース、すべてをオペで取りきるというようなことは不可能なケースもあります。
そんなときに、実際、残された手段が、「化学療治方法」です。
化学療治方法が有効なのは、化学物質に敏感な感じの「急性リンパ性白血病(きゅうせいりんぱせいはっけつびょう)」、絨毛癌(じゅうもう癌)などです。
女性固有感じのもの癌では、卵巣癌、乳癌などで腫瘍を小さくする効能があります。
小さくしてから「オペ療治方法」を行うというようなことになります。
子宮癌の一つである子宮体癌のケース、放射線療治方法がさほど効かないことから、オペと化学療治方法が療治の中心となります。
ただし化学療治方法の問題に関しては、副作用です。
嘔吐(おうと)、腎臓の障害、下痢(げり)、あるいは、潰瘍(かいよう)などの消化器の障害、そして、心臓への悪影響、脱毛などがあります。
化学療治方法の有効性が高いからこそ、大量の抗癌剤投与を可能にする感じのためにも、その副作用への対策が重要です。
嘔吐を抑える感じの薬(セロトニン拮抗薬(せろとにんきっこうやく))などの「鎮嘔薬(ちんおうやく)」が実際に開発され、患者さんの療治生活の質の向上がかなりはかられつつあります。
健康 | 投稿者 kidasura 22:10 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
ホビダス[趣味の総合サイト]