きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

便通不全改善にファイバー

便通不全になると、イライラしたり、腹が張ったりという不快変調はもちろんですが、腹痛や腰痛、頭痛や肩こり、にきびなどの肌荒れ、不眠や目眩などの変調を訴えるような人も少なくありません。
そして、大腸や直腸のポリープやがん、あるいは、腸閉塞などの重大な感じの病気を引き起こす可能性もあります。
そんなトラブルの要因となる便通不全を改善してくれる感じのもののひとつにファイバーがあります。

ファイバーは便の量を増やしやわらかくする感じのため、腸のなかの通過時間を短くさせる作用を持っています。
ファイバーが足りなくなるようなことで便が硬くなり、そのために腸内で停滞したり、便を押し出す感じのことが難しくなったりして便通不全になってしまうんです。

ファイバーとは、人の消化酵素では分解されにくい性質を持つ食べ物成分の総体で、代表的なファイバーとしては、野菜等に含まれるセルロース、ペクチン、動物性食べ物に含まれるようなものではチキンなどがあります。
食べ物では、穀物・いも類・野菜類・きのこ類・果物・海藻類等に多く含まれています。

近頃流行の雑穀米は、精白米に比較して10倍以上のファイバーを含んでいるともいわれています。
食生活の回復と聞くと難しいような感じなきがするのですが、いつもの食事を少し見直すだけで、便通不全改善に繋がりそうです。

尚、ファイバー摂取が有効な便通不全は、大腸の蠕動運動が弱いために起こる弛緩性便通不全です。フラストレーション等により大腸が緊張するようなことで起こるけいれん性便通不全のケース、ファイバーの摂取は逆効能になるケースもありますので留意して下さい。
健康 | 投稿者 kidasura 11:23 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
ホビダス[趣味の総合サイト]