きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

脚の痺れの種類

ひとくちに脚の痺れと言っても、実際に痺れている部位や痛み方は様々だと思われます。

脚の裏のビリビリとした感じの痛みは、首を通る脊髄神経や頸髄の病気の症状としてだいたい現れます。
頸髄や腰髄、あるいは、神経根はその位置しているような場所により脚の痺れの要因となります。
脚の知覚神経に関しては、腰や頸部を通って脳に行きます。
そのために、脚自体に何の病気があまり見つからなくても脚が痺れるような事があります。
脚をX線撮影しても、実際、診断できない場合もありますが、キットを使ってMRI撮影してみるときっと診断ができるでしょう。
頸椎椎間板ヘルニア等によく見られる感じの症状です。
整形外科や神経内科、あるいは、脳神経外科の専門の医者にかかると早く要因が分かるでしょう。
症状がかなり進行すると歩く時によろつく事もあります。
こうなった感じの場合は手術も考えられます。

脚のかかとが少し痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側の痺れや痛みを感じたりするのは、だいたい坐骨神経痛の症状です。
脚が少し敏感になって、靴で脚が赤くなるような感じの場合もありますが、脚に刺激がないのに脚の痺れや痛みを感じるケースがあります。
坐骨神経痛の主な要因に関しては、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、あるいは、腰椎すべり症など腰の病気が挙げられます。
腰が要因なのに腰は痛まず実際に脚が痺れるので、診断されるまでに少し時間がかかるような場合があります。
坐骨神経痛に関しては、治療と並行して刺激の少ないような靴を履くようにするのです。
脚の裏がビリビリ痺れて痛む感じの場合は、厚くてやわらかい中敷きを実際に靴のなかに入れます。
室内でもはだしだとかなり脚の裏を刺激してしまうので、中敷の入った感じのサンダルなどを履きます。

脚の親指が靴を脱いだ状態でも実際にビリビリ痺れて痛むのは、外反母趾のような症状です。
ヒールのあるつま先の細い靴をかなり履き続けていると、次第に関して親指の先が人差し指の方に少し曲がっていきます。
そのために押された感じの部分の骨がトゲのように飛び出るのです。
このトゲのような感じの骨を骨棘といい、これが脚の指の神経を圧迫して、実際、痺れや痛みを引き起こするのです。
外反母趾のために脚の裏がかなり不安定になり上半身に関しても支障が出てきます。
目の疲れや肩こり、頭痛、腰痛、あるいは、むくみなどで苦しんでいるような感じの人は、たいてい外反母趾なのだそうです。
健康 | 投稿者 kidasura 00:43 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
ホビダス[趣味の総合サイト]