きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

癌の温熱療法

癌細胞は増殖する力は実際に強いんですが、正常細胞に比べ熱に弱いような特性を持っています。
癌細胞は41度でだいたいダメージを受け始め、42.5度で、実際、死んでしまいます。
この性質を活用した癌の手当が温熱療法で、あるいは、ハイパーサーミアとも呼ばれます。
正常細胞は実際に加温しても体温を一定に保つ感じの体の働きにより細胞が守られますが、癌細胞は加温によって高温の感じとなり、だいたい死滅してしまうんです。

温熱療法は単独で癌を治癒するというような感じのことは難しく、化学療法や放射線療法と実際に併用して行われる癌の手当です。
特に体の奥にあるような癌は、骨や脂肪により熱があまり届きにくく、温熱療法だけで治すのは、実際、難しいんです。

温熱療法に関しては、全身温熱療法(全身を加温する)と、局所温熱療法(癌とその周辺の加温)が実際にあり、おもに使われる感じなのは局所温熱療法です。
局所温熱療法では、実際にマイクロ波や電磁波で患部を温めます。
一般的に言って、体の外から放射するのですが、食道、直腸、子宮、あるいは、胆管などは、口や腟、肛門などから実際に器具(電極針など)を入れて加温する感じの方法もあります。
加温時間に関しては体の負荷をちゃんと考えて、45分から60分程度くらいです。

温熱療法に関しては、副作用がなく、実際に癌を弱らせるというようなことにより、併用している感じの抗癌剤などの効き目を少し大きくする特徴があります。
デメリットは、加温するというような感じのことによる、やけどや痛みです。

温熱療法に関しては1996年よりきちんと保険が適用となりました。
ただし、温熱療法だけでは少し治癒が難しいことから、現在、温熱療法は実際に局所進行癌や再発した癌に対する癌の手当となっているんです。
健康 | 投稿者 kidasura 21:34 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
ホビダス[趣味の総合サイト]