きれいですこやか ヘルシーアンドビューティーについてのブログ

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
大人のメタボの診断基…
01/21 20:54
全身永久脱毛をするよ…
08/26 09:13
ビジットナーシング
08/05 10:26
メタボの防止策
07/21 18:42
毛孔にヨゴレが詰まる…
07/14 10:09

大人のメタボの診断基準

メタボの定義に関しては、肥満に加えさらに高血糖や高血圧、あるいは、高脂血症を実際に二つ以上抱えている状況です。
では、このケースの肥満、あるいは高血圧や高血糖などというのに関しては、どういった定義によって実際に決められているのでしょう。
具体的な感じの数字がちゃんと決まっているのでしょうか。
実はちゃんと決まっています。
ただし、その定義に関しては男性、あるいは、女性という性別、そして大人と子どもによって、実際、それぞれ異なります。
そして、国によっても少し異なってきます。
ここでは、メタボの防止に必須な、日本の大人に関してのメタボとみなされる定義に関してご紹介するのです。
メタボとみなされる上での必要条件である内臓脂肪過多に関してですが、これは、実際、腹囲によって決まります。
男性のケースは腹囲が85cm以上、あるいは、女性のケースは90cm以上の状況であったであれば、内臓脂肪過多、つまりは内臓脂肪型肥満と実際に診断されます。
もしくはBMI(Body Mass Index)指数が、実際、25以上でも肥満というようなことになります。
そして、血圧については、男女共に収縮期血圧、つまりは上が130mmHg、あるいは、拡張期血圧、つまり下が85mmHg以上のケースは、実際、高血圧になります。
血糖値に関しては、110mg/dl以上のケースに関しては高血糖となります。
ただし、実際、空腹時である感じのことが条件です。
高脂血症については、中性脂肪値が150mg/dl以上、あるいはHDLコレステロール値が40mg/dl未満のケースに、実際、そう診断されます。
HDLコレステロールに関しては、善玉コレステロールのような事です。
メタボを防止するような上で、これらの数値に関してはちゃんと覚えておいた方がよいでしょう。
定義から少し外れるからといって、実際、安心するのではなく、その数値に近いケースは防止を気を付けるようにしてください。
健康 | 投稿者 kidasura 20:54 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
ホビダス[趣味の総合サイト]